HOME >事業紹介 - WEB編集・ライティング/イベント・広報・パブリシティ/CSR(社会貢献活動)

事業紹介

WEB編集・ライティング

キャラクタービジネスで豊富な実績を誇る、(株)トッパンキャラクタープロダクションと戦略的提携(アライアンス)を締結。同社運営のポータルサイト「キャラプロ・ドットコム」および、携帯コンテンツ「待受プロダクション」の更新業務およびメールマガジン作成を、2002年の創業時から継続して受注しています。

2007年秋からは、新卒者向け就職情報サイト「就活ナビ」(運営:ダイヤモンド・ビッグ&リード)にて、様々な業種の企業の人事担当者にインタビューを行っています。この他、外資系ビール会社が運営したグルメ情報サイトや、インターネット大手プロバイダの会員向けメールマガジンのWEBライティングにも携わりました。

イベント・広報・パブリシティ他

2004年3月、代々木公園イベント広場で20,000人もの来場者を動員した『ワンコリアフェスティバル東京2004』の広報・パブリシティ活動に協力。また、韓国映画界で史上初めてカンヌを制した『酔画仙』や、『DMZ非武装地帯―追憶の三十八度線』の日本公開に際し、両映画の広報・パブリシティ活動に協力。各種媒体との折衝、情報配信、さらに両作品の監督訪日時にはマスコミ対応に務めました。

『酔画仙』第55回(2002)カンヌ国際映画祭監督賞受賞作
監督 イム・グォンテク
脚本 イム・グォンテク、キム・ヨンオク
出演 チェ・ミンシク、アン・ソンギ、ソン・イェジン、コ・ホギョン 他

韓国映画界で史上初めてカンヌ国際映画祭の監督賞に輝いた、イム・グォンテク渾身の人間ドラマ。『オールド・ボーイ』の演技派チェ・ミンシクが主演し、韓国映画界の重鎮アン・ソンギ、『ラブストーリー』のソン・イェジンらが共演。2004年12月より岩波ホールほか、全国で順次ロードショー済み。(配給:エスパース・サロウ)。


『DMZ非武装地帯―追憶の三十八度線』
原作・監督・脚本 イ・キュヒョン
出演 キム・ジョンフン(=John-Hoon)、パク・コニョン、イ・ジェウン 他

韓国軍の特殊部隊の一員として、実際にDMZの警備に就いた経験を持つイ・キュヒョン監督の半自伝的映画。日本でCDデビューも果たした、John-Hoonことキム・ジョンフンの映画デビュー作でもある。イ・キュヒョン監督自らが発表した同名小説も、PHP研究所にて日本で出版された。2005年7月より銀座シネパトスほか、全国で順次ロードショー済み(配給:東映ビデオ)。
※詳細:http://www.toei-video.co.jp/archive/dmz/

CSR(社会貢献活動)

昨今、企業の社会的責任(CSR)に対する関心はますます高まっています。また、翻訳・ローカライズ事業に携わる企業にとって、国籍・言語・文化の違いを認め、尊重しあう「多文化共生社会」の実現への貢献は必須課題と言えます。

そこで弊社は、韓国語による表現を“楽しむ”ことを目的とした「話してみよう韓国語」東京・中高生大会(2010年1月31日、於・韓国文化院2階ハンマダン・ホール)の運営制作を無償にてサポートしました。

  

NHKラジオ国際放送で、同大会が取り上げられました(2010年2月7日)!