HOME >what's new

What's new

【制作実績紹介】映画を観ながら韓国近現代史の知識が身につく『韓国映画で学ぶ 韓国の社会と歴史』(キネマ旬報社刊)の編集制作に協力しました!

映画を観ながら韓国近現代史の知識が身につく『韓国映画で学ぶ
韓国の社会と歴史』
(キネマ旬報社刊)の編集制作に協力しました!

本書は、”歴史がわかると映画が100倍楽しい!”をキーワードに、
分断・建国、朝鮮戦争、民主化運動…韓国近現代史をわかりやすく
解説した一冊。

韓国映画ファンはもちろん、映画やドラマ、音楽に触れ、韓国の社会や
近現代史に関心を持ちはじめた方でもわかりやすい歴史解説、重要人物
や事件の解説、映画を楽しむためのコラムが充実。

韓国映画を時代で読み解く第1部の“横断的解説”、社会のテーマで
読み解く第2部の“縦断的解説”により、いくつもの映画を続けて観る
楽しみを後押しします。

監修には明治学院大学国際学部教授の秋月望先生をお迎えした他、
暉峻創三氏(大阪アジアン映画祭プログラミング・ディレクター)、
佐藤結氏(映画ライター)、下川正晴氏(元・毎日新聞ソウル支局長)、
西村嘉夫氏(シネマコリア代表)、鄭琮樺氏(韓国映像資料院専任研究員)、
五味洋治氏(東京新聞 論説委員)ほか、映画評論家や韓国文化に精通
した執筆陣が解説・作品紹介を担当。

また、弊社登録翻訳者である韓国語字幕翻訳者の崔 樹連(チェ・スリョン)
さんと、本田恵子さん(神田外語大学アジア言語学科非常勤講師)による
対談コーナーも設けられています。、

話題の新作から不朽の名作まで、100本以上の作品を徹底紹介しながら
“わかりやすく深く”韓国映画の魅力を伝える本書は、本日12月28日(月)
より全国の主要書店および各オンライン書店にて好評発売中
です。
日韓国交正常化50周年記念を迎えた今年の締めくくりに、ぜひ
ご一読くださいませ!

<前の記事を読む
次の記事を読む>

What's new 一覧のトップへ