HOME >what's new

What's new

【訳者の近況】『アズベリー・パークからの挨拶』で1973年にレコードデビューしてから、今年で40年を迎えるアメリカン・ロック界の“ボス”こと、ブルース・スプリングスティーン のインタビュー&スピーチ集――『都会で聖者になるのはたいへんだ ブルース・スプリングスティーン インタビュー集 1973-2013』の翻訳に安達眞弓さんが携わりました!

『アズベリー・パークからの挨拶』で1973年にレコードデビューしてから、今年で
40年を迎えるアメリカン・ロック界の“ボス”こと、ブルース・スプリングスティーン
のインタビュー&スピーチ集――その名も『都会で聖者になるのはたいへんだ
ブルース・スプリングスティーン インタビュー集 1973-2013』の翻訳に、
安達眞弓さんが携わりました!
(ジェフ・バーガー編著、スペースシャワーネットワーク刊)

→ ソニー・ミュージックによるオフィシャルウェブサイトはコチラ

同書は、貴重なデビュー間もない頃の発言から、『ハイ・フェデリティ』(新潮社)他
で知られるベストセラー作家ニック・ホーンビィによるファン目線での遭遇記、
アーケイド・ファイアのウィン・バトラーとの超世代対談、有名ハリウッド俳優
エドワード・ノートンとの対話、そして涙なしには読めない感動的なクラレンス・
クレモンズ
への弔辞に至るまで、最重要インタビュー&スピーチ×42篇を収録

さらにシークレット・トラックとして、「ブルース・スプリングスティーン名言集」
16篇も掲載されています。

同書は、ブルース・スプリングスティーンの64回目のバースデーに当たる、
去る9月23日(月・祝)より、全国の主要書店および各オンライン書店にて
好評発売中
です。ぜひこの機会にご一読くださいませ!

<前の記事を読む
次の記事を読む>

What's new 一覧のトップへ

月別アーカイブ