HOME >what's new

What's new

【訳者の近況】全米で最も信頼の置けるリーダーシップ論の権威、ジョン・C・マクスウェル氏の『伸びる会社には必ず理想のリーダーがいる』を、児島修さんが翻訳しました!

『原発事故20年―チェルノブイリの現在(いま)』(ピエルパオロ・ミッティカ著、
柏書房刊)や、『ロード・ウォリアーズ 破滅と絶頂』(東邦出版刊)を翻訳した
児島修さんは、IT関連書、ビジネス書の翻訳も多数手掛けております。


去る11/30(水)より好評発売中の『伸びる会社には必ず理想のリーダーが
いる』
ジョン・C・マクスウェル 著、辰巳出版刊)も、児島修さんによる訳書です。

同書は、全米で最も信頼の置けるリーダーシップ論の権威である、
ジョン・C・マクスウェル氏の「リーダーシップ論」の中から重要トピックを
週別のテーマに合わせて1日1つ、26週間分(130の珠玉のエッセイを収録)
選出してコンパクトにまとめた珠玉のエッセイ集!


41ntlpdCPsL.jpg 

毎年25000人以上のビジネスマンを指導し、「世界一のメンター」と讃えられる
ジョン・C・マクスウェル氏の「リーダーシップ論」の要諦をまとめた同書は、
全国の主要書店および各オンライン書店にて好評発売中です。

ぜひこの機会にご一読くださいませ!

<前の記事を読む
次の記事を読む>

What's new 一覧のトップへ

月別アーカイブ