HOME >what's new

What's new

【訳者の近況】チェルノブイリ原発事故から四半世紀後の現実を克明に記録した静謐なるドキュメント、『原発事故20年―チェルノブイリの現在(いま)』を、児島修さんが翻訳しました!

史上最悪とされる原発事故を起こした旧ソ連、現在のウクライナにある
チェルノブイリ原子力発電所から30キロ圏内の立入禁止区域の
ありのままの光景をカメラにおさめた静謐なるドキュメント
……
その名も、『原発事故20年――チェルノブイリの現在(いま)』
(ピエルパオロ・ミッティカ著、柏書房刊)を、児島修さんが翻訳しました!

本書の著者ピエルパオロ・ミッティカ氏は、チェルノブイリのほかに、
ボスニア、コソボ、バングラディシュ、中国、ベトナム、インドネシアなどを
訪れ、社会に対して強烈に問いかける写真を撮り続けているイタリア人
カメラマン。

本書は、チェルノブイリ原発事故による被爆汚染地域のその後を
追い続けた氏が、2002~2007年にかけて撮影したモノクロームの
写真83点を収録


また、修道女であり、ガン研究学者、反核平和運動家として世界的に
知られるロザリー・バーテル女史を始めとする有識者の寄稿文や、
放射能汚染の広がりを地域ごとに平易にまとめた図版が随所に
盛り込まれています。

さらに日本語版の刊行にあたっては、東日本大震災発生後の福島
取材をふまえた、日本の読者へのメッセージも追加採録

1986年のチェルノブイリ原発事故発生から25年の時を経て、再び発生
した「レベル7」(国際的な事故評価尺度/INES)の大惨事の共通点を
問いかけています。

同書は、全国の主要書店および各オンライン書店にて好評発売中です。
ぜひこの機会にご一読くださいませ!

chernobyl01.jpg


 

【急告!】

本書の刊行を記念して、来る11/12(土)15時~、ピエルパロオ・ミッティカ氏の
来日トークイベントが開催されます(於・アーツ千代田3331
演題は、『チェルノブイリからフクシマを見つめて』

⇒ チラシはコチラ

当日は、岩上安身さん(ジャーナリスト)、開沼博さん(社会学者)、ドリアン助川
こと明川哲也さん(ボーカリスト、作家、詩人、俳優)が登壇する予定です。
参加無料(定員70名様)なので、ご関心のある方は下記をご参照のうえ、
ふるってお申し込みください。

『原発事故20年――チェルノブイリの現在(いま)』
刊行記念トークイベント
チェルノブイリから福島を見つめて

●日時:2011年11月12日(土) 15時~17時(14:30開場)
●登壇者:ピエルパオロ・ミッティカ氏
       岩上安身 さん(ジャーナリスト)
       開沼博 さん(社会学者)
       明川哲也(ドリアン助川)さん(ボーカリスト、作家、詩人、俳優)
●場所:アーツ千代田 3331 (〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14)
●定員:70名様(参加無料)

【参加申込方法】
●参加申込は電話またはメールにてお願い致します。
●電話の場合は、柏書房イベント係〔03-3947-8251〕までご連絡ください。
●メールの場合は、件名を「『原発事故20年』イベント」としていただき、
本文に氏名、連絡先、参加人数をお書き添えの上、〔eigyo@kashiwashobo.co.jp
まで送信ください。後日、主催者からメールにて予約承りの返事を致します

<前の記事を読む
次の記事を読む>

What's new 一覧のトップへ

月別アーカイブ